30代メンズの私服。かっこいい人とダサい人の違いってコレだけ?

30代メンズのモテる私服をみてみる

 

 

30メンズの私服は洗練されたスマートな感じが良いです。20代ならまだ子供っぽさやごちゃごちゃした感じでも『若いから』という理由でなんとかなります。しかし30代メンズ私服ともなると、ある程度は場をわきまえた(TPOに合った)服装であったり、周囲から浮かない、しっかりとした着こなしをしてほしいですね。街で見かけてダサいと感じる30代メンズの私服について、紹介します。おしゃれだと思っている方もいらっしゃることと思いますので、そのようなかたはどうぞこれからもダサい恰好をし続けてください。まず断トツで多いのが、『中高生、大学生が来ているようなパーカー(英語が羅列してあるようなもの)を着ている人』ですね。カレッジスタイル?でも目指しているのでしょうか。正直、英語のパーカーは着るだけでダサくなる魔法のアイテムなのでやめておきましょう。着るのは家の中だけにしておきましょう。

 

次は『とりあえずいつも上から羽織っているチェックのシャツ』。これも大学生っぽいのでやめましょう。30代メンズ私服としてはアウトです。コンビニや散歩に行くときくらいにしましょう。チェックはオタクっぽいイメージもありますので、着るとしてもチラ見せ程度にしておくといいと思います。むしろチラ見せはおしゃれ上級者のように見えるのでおすすめです。次いきます。これも多いんですよね、『腰につけている、意味の分からないチェーン』。これってなんなんでしょうね、昔流行ったのですか?とにかくダサいです。隣を歩きたくないです。ジャラジャラ音がするのも不快ですので、もともとパンツについていたのであれば即外しましょう。どんどん行きます、次。『あっかんベーしているデザインのポケット』。これは小学校高学年の男児の洋服ですね。幼く見えるので、30代という年齢には合わず、変な感じになります。私は上記の服装は頑として受け付けません。30代メンズ私服は清潔感のあるタンクトップにさらっと無地のシャツを羽織って、下は濃いめの色のパンツ(あまりダボついていないもの)とかがいいですね。靴はそのコーディネートに合ったものであればなんでも良いです。

 

女性にモテちゃう私服コーデをみてみる